想ハウジング

HOME > 家づくりについて > 家づくりの技術 > ウレタン遮熱工法

ウレタン遮熱工法

県北部で唯一!
特許取得の『ウレタン遮熱工法』を採用しております

 

 

【目次】

 

 

断熱材だけでは夏の暑さは防げない!?

あまり知られていませんが、どんなに断熱性を高めても、
一般的な断熱方法では夏の暑さは防ぎきれません。
なぜなら、グラスウールなど一般的に使われる断熱材は蓄熱するからです。
夏の太陽熱を浴びた外壁の温度は、60〜70℃位まで上がります。
その熱を断熱材が溜め込みます。溜め込まれた断熱材の熱は、時間とともにジワジワと室内に侵入し、その結果、夜には家の中は蒸し暑くなってしまいます。
一般的な断熱方法は冬用であり、夏には向かないのです。

 

オールシーズン快適な空間

 

夏に快適な空間

夏に快適な空間にするにはどうしたらいいのでしょう?

答えは、『遮熱』です。
アルミ製の遮熱シートで家を覆い、夏の太陽熱を遮断します。
アルミは、宇宙服に使われるほど遮熱性に優れた優秀な素材です。
住宅に使うアルミ遮熱シートは、太陽熱を 97%以上反射し、室内への熱の侵入を防ぎます。
ですので、夜に蒸し暑くなることもなく、冷房効率のすこぶる良い家になります。
ただ、アルミ遮熱シートは、冬の太陽熱まで反射してしまいます。
そうなると室内は寒くなります。

 

冬に快適な空間

冬の寒さ対策に、断熱効果の高い発泡ウレタンを使用します。発泡ウレタンを壁の中にピッチリ隙間なく吹き付けることで、室内の暖まった空気を外に逃がしません。
もちろん夏の涼しい空気も逃がしません。

 

夏も冬も快適な空間

アルミ遮熱シートと発泡ウレタンのお互いの長所を組み合わせることで、一年を通して快適な 空間になります。
アルミ遮熱シートと発泡ウレタンを組み合わせると、冷暖房効率がとても良いです。
好みや使用環境にもよりますが、20 帖のリビングでも 6 帖用のエアコンで快適とおっしゃる方もいます。
冬の底冷えする寒い日でも、ストーブを併用することなくエアコンだけでしっかりと暖まる超省エネ住宅なので、光熱費もグンと節約できます。
「家は広くなったのに冷暖房費は安くなった」ということがほとんど。
もう暑さや寒さを我慢する必要はありません。

 

特許取得の『ウレタン遮熱工法』

特許取得の『ウレタン遮熱工法』

アルミシートと発泡ウレタンを組み合わせた『ウレタン遮熱工法』は、
特許を取得し、考案者の高屋博文氏は、大衆ノーベル賞ともいわれる「東久邇宮(ひがしくにのみや)記念賞」を受賞しています。
県北部でウレタン遮熱工法を行っているのは私たちだけ。
ウレタン遮熱工法を標準仕様とし、一年を通して真に快適な家をご提供しています。

 

気密も大切

気密性は、完成した家にどれくらいの隙間があるかを示しています。
気密性が低いと隙間がたくさんあるので、夏ならせっかく冷やした室内の空気がどんどん逃げていきますし、冬は外から冷気がどんどん入ってきます。
このようにどんなに断熱性を高めても、気密性が低いと冷暖房効率の 悪い家になってしまいます。
ですので、本当に快適な家にするためには、断熱性と気密性の両方を高める必要があります。
アルミ遮熱シートと発泡ウレタンを組み合わせたウレタン遮熱工法は、気密性もバッチリ確保できるので、一年中快適な暮らしができます!

 

断熱をもっと詳しく

熱の移動には
・熱伝導
・対流熱
・輻射熱(ふくしゃねつ)
の 3 種類あります。
熱伝導は、接触することで熱が移動します。
熱い金属が布に触れることでシワを伸ばすアイロンは、熱伝導を利用しています。
対流熱は、空気の移動により熱が移動します。
冬に窓を開けると冷たい風が入ってきて室温を下げます。
温度の低いところから高い方へ移動する現象が対流です。
エアコンやドライヤーも対流を利用しています。
輻射熱は、熱が直接放射される現象で、太陽からの熱やストーブ、焚き火などがそうです。

グラスウールや発泡系を使う従来の断熱方法は、熱伝導と対流熱対策としてはいいのですが、輻射熱対策は期待できません。
つまり、冬の寒さ対策にはなりますが、夏の熱さ対策にはならないのです。
しかも、熱伝導と対流熱の 2 つの現象を合わせても住宅に与える影響は 25%、残りの 75%は輻射熱です。
大きな割合を占める輻射熱対策をしなければ、真に快適な家にはならないのです。

そこでアルミの遮熱シートを使い、輻射熱対策をします。
そうすることで、従来の断熱方法の「夏も冬も暖かい家」が「夏すずしく、冬あたたかい家」になるのです。

 

恐怖の内部結露

断熱材にはたくさんの種類があります。そんな中、発泡ウレタンを使っているのには理由があります。
それは、内部結露を防ぐため。
内部結露は壁の中に発生する結露のこと。
結露が発生すると壁の中の木材にカビが生え、やがて腐ります。
どんなに強い家でも、内部が腐れば脆いものです。
また、内部結露は壁をはがさない限り見えないので、腐っていることに気付きません。
知らず知らずのうちのカビを吸い込んでいると思うと怖いです。

 

内部結露対策は隙間を作らないこと

内部結露対策

内部結露は壁の中の隙間で発生するので、内部結露を防ぐには、
『隙間を作らない』これに尽きます。 現在もっとも使われている断熱材はグラスウール。
グラスウールは隙間なく入れることはほぼ不可能です。
また、水分を含むとずり落ちるので、内部結露の発生は更に発生しやすくなります。
その点、発泡ウレタンは隙間なくピッチリと吹き付けられます。
また、発泡ウレタン自体が水分を通さないので、内部結露の発生はほとんどありません。
家はご家族を守れる強さがなくてはなりません。
内部結露を防ぐことで家の寿命は飛躍的に伸び、安心で快適な生活を送れます。

 


 

理想の家づくりをかたちにする想ハウジングの建築技術

『逆ベタ基礎工法』とは?

水害、シロアリなどのリスクから家を守る!
『逆ベタ基礎工法』とは?

なぜ、『逆ベタ基礎工法』は一般的なベタ基礎工法と較べて水害に強いのかを詳しく解説します。
また、大事な家の基礎部分に湿気は大敵。
家屋を傷め、シロアリ発生の原因となる湿気を逃がす工夫も万全。
水害、シロアリなどのリスクから家を守ります。

「逆ベタ基礎工法」について →

 

想ハウジングは、押し売りは絶対にしません。
中身に価格に絶対の自信があるからです。
住宅に悩まれるお客様に『選んでいただく』
それこそが私どもの生きがいです。

Copyright©2018 SOUHOUSING. All rlight reserved