想ハウジング

HOME > 選ばれる理由 > 建てる前に総費用がわかる

建てる前に総費用がわかる

 

建てる前に総費用がわかる安心感。
お客様が安心して家づくり計画を進めていけるよう、
私たちが全力でサポート致します!

 

想ハウジングは総費用をお伝えします

「契約後に金額がどんどん上がる」という話を未だに耳にします。
特にモデルハウスが気に入って契約をしたときは注意が必要です。
モデルハウスは、最高の建材と住宅設備を使用したスペシャルプランです。
目に映るそのほとんどがオプションといっても過言ではありません。

契約前は壁紙までは決めません。それをよいことに標準仕様で見積もりを出します。
いざ打ち合わせが進むと「壁紙がオプション!?」とビックリ。
そういうことが何十ヶ所に渡り行われるので、結果的に打ち合わせが進む度に金額が上がってしまうのです。

私たちは、そのようなお客様の隙に付け入ることはできません。
ですので、想ハウジングでは契約前のお見積もりの段階で、建物工事費用、付帯工事費用、オプション費用、諸経費などを合わせた『建築にかかる総費用』をお伝えしています。
契約後に金額が跳ね上がることはありません。

「総予算が分かると安心して家づくりが進められる」「信頼できる」とお客 様にとても喜ばれています。

 

坪単価マジックに注意

床面積(赤枠内)と施工面積(青枠内)の違い

家づくりの勉強を始めると坪単価が気になりますよね。
実はこの坪単価、分かりやすい基準のように思いますが、とても曖昧なのです。
坪単価の計算は、〈本体工事費 ÷ 延床面積〉という一応のルールがありますが、〈本体工事費 ÷ 施工面積〉で算出している会社も多いです。
延床面積は、空間と呼ばれる玄関ポーチやバルコニー、ロフト、吹き抜けなどは含めません。
対して施工面積は、これらの空間部分もすべて含みます。

 

坪単価を安く見せる方法

延床面積よりも施工面積の方が広いので、より大きい数字で割った方が坪単価は安くなります。

本体工事費:2000 万円
延床面積:40 坪
施工面積:50 坪

延床面積の坪単価は
2000 万円 ÷40=50 万円

施工面積の坪単価は
2000 万円 ÷50=40 万円

同じ家なのに、計算方法を変えるだけで坪単価は 10 万円も変わってしまうのです。
坪単価の計算方法は、住宅会社の裁量に任されているのが現状です。
安く見せようと思えばいくらでも方法はあります。これでは正確な判断はできません。
坪単価よりも総費用を意識すれば、契約後にどんどん金額が上がることを防げます。

こちらは弊社オリジナル小冊子、
「ひろしまね」で建てよう!家づくり読本 ~失敗しない注文住宅 入門編 でも解説しております。ぜひ合わせてお読みください。

「ひろしまね」で建てよう! 家づくり読本
~失敗しない注文住宅 入門編をプレゼント! →

 

想ハウジングは、押し売りは絶対にしません。
中身に価格に絶対の自信があるからです。
住宅に悩まれるお客様に『選んでいただく』
それこそが私どもの生きがいです。

Copyright©2018 SOUHOUSING. All rlight reserved