想ハウジング

HOME > スタッフブログ > 品質の維持、性能面を考えた時 あなたはどの断熱材を選ばれますか?

品質の維持、性能面を考えた時 あなたはどの断熱材を選ばれますか?

2020-02-22

本日は「断熱材 グラスウール」について書いてみようと思います。

窓の結露、皆さん嫌ですよね、、、そうならないために
皆さん家を建てるときは断熱材にこだわりを持たれます。
想ハウジングでは 30倍発泡した硬質ウレタンフォーム を採用しています。
※100倍発砲の軟質ウレタンではありません。後日ブログにて説明しますね。


結論から言いますと、グラスウールの断熱材は
新築のお家には不向きな断熱材だと私は思います。

ただ、多くの方々が建てられている住宅の約8割は
このグラスウールが使われています。

どうしてなのでしょうか?

利点は、安いということです。また防火性能も高く、防音性にも優れてます。

欠点は、湿気に弱くて水分を含むと重くなって新築時には壁体内に
適切に施工されててもズレ落ちる場合があります。
水分を含んだグラスウール断熱材は、木材や壁の中を腐らせて
カビを発生させ構造躯体をダメにしてしまいます。

だからといってグラスウールがダメと言うわけではありません!

施工が非常に重要となるのです。
グラスウールが隙間なく充填されているか、充填されすぎても
性能が落ちます。柱と柱の間にちょうどの寸法で充填されなければいけません。


この施工がとても難しいのです。。。
職人さんの腕や現場監督の管理が必要になってきます。

ただ施工がうまくいってても築年数が経って
グラスウールが正常な位置で保たれるかは誰も分かりません。


家を建てると壁の中を見ることは誰もしませんから。
知らないところで、築年数が経って、壁体内結露が起きてしまうと、
後々メンテナンスが大変な断熱材になるかなと思います。


品質の維持、性能面を考えた時 あなたはどの断熱材を選ばれますか?

想ハウジングは、押し売りは絶対にしません。
中身に価格に絶対の自信があるからです。
住宅に悩まれるお客様に『選んでいただく』
それこそが私どもの生きがいです。

Copyright©2018 SOUHOUSING. All rlight reserved