想ハウジング

HOME > スタッフブログ > サッシ選び

サッシ選び

2020-03-14

ホームアドバイザーの佐藤です。

今回は窓についてお話したいと思います。
弊社の標準仕様の樹脂窓(商品名:APW330)とは、
窓のフレームが樹脂製でできている窓のことです。
断熱/遮熱/気密性に非常にすぐれています。

またガラス部分は
2枚のLow-Eガラス(赤外線・紫外線をカットする)で
断熱性を上げるガス(アルゴンガス)を挟み込んだ
複層構造となっております。

【APW330:樹脂窓とLow-E複層ガラス(アルゴンガス入り)】は一度取り付けたらお金のかからない エアコンと言われてます。

【アルミ樹脂複合サッシ】を一般工務店ではまだ多く採用されてますが 弊社採用の【APW330:樹脂窓とLow-E複層ガラス(アルゴンガス入り)】 との一棟あたりの商品コストの差は約10万円です。

画像で紹介してますが 【APW330:樹脂窓とLow-E複層ガラス(アルゴンガス入り)】の方が光熱費を年間約14,200円もお得にするDETAがあります。約7年でペイできてしまうわけです。

ちなみに最近では【トリプルガラス】といった高性能な窓も出てきました。こちらは 【アルミ樹脂複合サッシ】 との一棟あたりの商品コストの差は約70万円です。【トリプルガラス】の方が光熱費を年間約25,000円お得にするともいわれてますが約30年でペイすることになります。

商品コストとランニングコストの面から考えると
今【トリプルガラス】の採用はしなくていいかと思います。

今回はサッシ選びについてご紹介いたしました。
有難うございました。

【過去ブログ】
品質の維持、性能面を考えた時 あなたはグラスウールを選ばれますか?
https://www.seibukaihatsugroup888.jp/staffblog/22142/

何故【100倍発泡した軟質ウレタンフォーム】を使ってはいけないのか?
https://www.seibukaihatsugroup888.jp/staffblog/22174/


想ハウジングは、押し売りは絶対にしません。
中身に価格に絶対の自信があるからです。
住宅に悩まれるお客様に『選んでいただく』
それこそが私どもの生きがいです。

Copyright©2018 SOUHOUSING. All rlight reserved