SOU HOUSING ひとりひとりの「想い」を大切にしたお手伝い

TEL:0824-63-8787

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜、祝日
HOME > スタッフブログ > 壁体内結露を防止する

壁体内結露を防止する

2020-04-09

断熱材については下記の投稿をしておりますが
先日、弊社採用の30倍発砲ウレタンよりも
100倍発砲のほうがたくさんウレタンを吹いてるから
性能が良さそうとご質問がありましたので

アンサーブログを書きました。

品質の維持、性能面を考えた時 あなたはグラスウールを選ばれますか?
https://www.seibukaihatsugroup888.jp/staffblog/22142/

何故【100倍発泡した軟質ウレタンフォーム】を使ってはいけないのか?
https://www.seibukaihatsugroup888.jp/staffblog/22174/

※画像の遮熱シートの表面温度が5度、
室内温度が28度の場合。

画像のように100倍発砲ウレタンは気泡が大きく
簡単に言えば1が100に膨れ上がってるとお考えください。
だからたくさんウレタンを吹いてるように見えます。
気泡が大きいので触るとフカフカです。
連続気泡のため空気の通り抜けが可能で外気に触れた
シートに触れ内部結露を起こしてしまいます。

逆に30倍発砲ウレタンは気泡が小さく独立してます。
1が30に膨れているとお考えください。
触るとカチカチです。空気の通り抜けが出来ないため
外気に触れたシートに触れません。
内部結露は起こしがたい状況です。

ここまで読まれた方ならグラスウールなら
どうなんだろうと是非考えてみてください!


内部結露を防止して長持ちするお家を建てましょう!

資料請求 家づくりで必要なこと、とりわけこの地で必要なことを小冊子にギュッとまとめました。
家づくりを考えるヒントがここに!ほぼ毎日、無料相談会開催 予約受付中

想ハウジングは、押し売りは絶対にしません。
中身に価格に絶対の自信があるからです。
住宅に悩まれるお客様に『選んでいただく』
それこそが私どもの生きがいです。

Copyright©2018 SOUHOUSING. All rlight reserved