SOU HOUSING ひとりひとりの「想い」を大切にしたお手伝い

TEL:0824-63-8787

営業時間
9:30~18:30
定休日
水曜、祝日
HOME > スタッフブログ > 輻射熱対策をしなければ、 真に快適な家にはなりません。

輻射熱対策をしなければ、 真に快適な家にはなりません。

2020-04-24

熱の移動には
熱伝導
対流熱
輻射熱(ふくしゃねつ)の 3 種類あります。

熱伝導は、接触することで熱が移動します。
熱い金属が布に触れることでシワを伸ばすアイロンは、
熱伝導を利用しています。

対流熱は、空気の移動により熱が移動します。
冬に窓を開けると冷たい風が入ってきて室温を下げます。
温度の低いところから高い方へ移動する現象が対流です。
エアコンやドライヤーも対流を利用しています。

輻射熱は、熱が直接放射される現象で、太陽からの熱やストーブ、
焚き火などがそうです。太陽の熱で車のボンネットで目玉焼きが焼けるような
状況を見たことある方たくさんいらっしゃいますよね。それです!

グラスウールや発泡系を使う従来の断熱方法は、
①熱伝導②対流熱対策としてはいいのですが、③輻射熱対策は
期待できません。

つまり、冬の寒さ対策にはなりますが、夏の熱さ対策にはならないのです。
しかも、熱伝導と対流熱の 2 つの現象を合わせても住宅に与える影響は 25%
残りの 75%は輻射熱なのです。

大きな割合を占める輻射熱対策をしなければ、
真に快適な家にはならないのです。


そこでアルミの遮熱シートを使い、輻射熱対策が必要となります。
輻射熱を98%反射させ熱を家に侵入できないようにします。
だからこそウレタン遮熱工法を弊社では採用しております。

そうすることで、従来の断熱方法の「夏も冬も暖かい家」が
「夏すずしく、冬あたたかい家」になるのです。

ウレタン遮熱工法の詳しい内容はこちらから!
https://www.seibukaihatsugroup888.jp/about/skill/urethane/#a06

資料請求 家づくりで必要なこと、とりわけこの地で必要なことを小冊子にギュッとまとめました。
家づくりを考えるヒントがここに!ほぼ毎日、無料相談会開催 予約受付中

想ハウジングは、押し売りは絶対にしません。
中身に価格に絶対の自信があるからです。
住宅に悩まれるお客様に『選んでいただく』
それこそが私どもの生きがいです。

Copyright©2018 SOUHOUSING. All rlight reserved